2011/5/12 初・プロカメラマンの撮影

今日は朝から1日かけて写真撮影をしてきました。
しかも初めてプロのカメラマンさんに私や商品を撮ってもらったのです。

以前から一度プロの方に撮ってもらいたいな〜と思いながらも費用も高いのかな?など心配もあり、なかなか思いきることができなかったのです。
少し良い写真なら良いカメラを買って自分で…あるいはセミプロの方に…等も考え迷いましたが自分の心がプロの方とやってみたいとどうしても言うのです。

そして今日その日が来たのですが、まずライトの準備や機材がすごいな〜と思いました。たった1枚を撮るのにここまでやるんだ…と言った感じです。機材のセット・光の反射?ストロボ?撮影の角度等などとっても時間がかかります。私なんかデジカメで商品置いてすぐにパシャっと撮ったりしてましたのでとても反省です。
001004

005006
でも今回の撮影(プロの方に頼むという事)、実は撮影以前に打ち合わせの段階で頼んで良かったと既に感じてました。
それは見る視点の違いです。
私が伝えたいことを聞いて感じてそれを写真にしてくれるのが撮る前から伝わるのです。
商品を撮るのは簡単なのだそうです。プロですから明るさや角度、写真の見栄えが違います。でもそれは当り前との事。

私は布団屋として一生懸命親身に相談にのり、また快眠ができるための情報をお伝えしています。
それと同じで写真の世界の相談にのってくれて、より良くなるためのアドバイスをしてくれました。
夕方までびっしりの時間疲れましたが、出来上がりがとても楽しみです。
ヨネタの伝えたい事が写真を通じてより伝わるだろうと嬉しく思う一日でした。

プロカメラマン:米山均さんのHPはこちらです。
是非、ご覧になってみてください。
http://airacafe.com/womb/hitoshi_yoneyama.html