打ち直し、こんなケースもできるの?

綿布団などの打ち直しを受ける中で色々なケースがでてきます。
よくあるこんなケースでもいいの?という事に対してお答え致します。

布団のやぶれイラスト.jpgケース@ 綿布団・羊毛布団でわたの打直しはしないで、生地だけ破けたので変えたい
お答え :わたの打直しをしないで生地だけを取り替える事はできません。生地だけを変えると端などにすきまができたりと生地とわたがフィットしなくなりますので、生地の交換とわたの打直しはセットとなります。

ケースA ぺちゃんこにつぶれたのでわたの打直しはしたいのだけど、側生地はそんなに汚れていないし、思い入れのある生地なのでそのまま使いたい。
お答え :生地をそのまま使うことは可能ではありますがおすすめはしません。
なぜかと言うと、布団のとじ糸などにより生地にあながあいているのでそこからホコリがでたりしますし、とじ糸に引っ張られて生地が多少破けたりしていると、後々そこから生地が破れていきます。また生地を一度クリーニングしますので、料金的にもおおよそ1000〜2000円位の差額しか、なくなりますので、おすすめはしていないのです。但し、新しい布団の側生地でご自分のお気に入りのものを持参された場合は問題なく使えます。(布団生地として縫製の出来上がったものに限ります)

ケースB わたを足したり、減らしたりはできるの?
お答え :もちろんできます。布団の使い勝手にあわせ、厚さ加減や重さ加減を調整します。木綿だとランクによって変わりますが1kg1296円〜2376円、軽くしたいなどで羊毛わたの追加は1kg3,240円となっております。

ケースC 使えそうなわたが残っているのだけど布団以外に何かに使えるかしら?
お答え :よくあるのがソファーや、食卓イス、来客用の座布団です。来客用座布団の場合、厚めの敷き布団1枚で約5客分のわたが取れます。

ケースD 打ち直しできないって事もあるの?
お答え :基本的には打ち直しはどのようなわたでも出来ます。但し寿命や寿命に近い状態になったわたの場合はせっかく1万円前後なりのお金をかけてもよい仕上がりにはなりません。黒ずんだ寿命なわた等はつぶれもはやく固くなりやすいです。干しても膨らまずホコリもでやすい等の理由からおすすめしていません。
また当店では「毛ぼろわた」と言われる黒や毛糸まじりのわたは打ち直しを受けておりませんのでご了承願います。