枕(まくら)プロがあわせる快眠枕はこちら

                       (全国対応)枕の通販はこちらをクリック
こんな悩みありませんか?
・朝起きた時が一番(朝から)首や肩が痛い 首痛・肩こり・背中のはり・頭痛

 streat-neck.jpg

これらの症状は枕が原因になっている事も十分に考えられます。

なぜなら…
枕が合っていないと首筋の筋肉や頸椎への負担、首や肩まわりの血流悪化など痛みの原因を作ってしまうからです。

・熟睡できない 朝スッキリしない 首回りの痛みで目が覚める
・枕があわない しっくりこない 寝ていてはずれる


このような方も含め、※自分に合った枕を使う事で眠りの質を高め、気持ちよく寝る時間を過ごす事ができるのです。
(※自分に合った枕とは自分の高さや硬さの好みの事ではなく、首や肩に負担のかけにくい良い寝姿勢をとれる枕の事です)
_65A5637-001.JPG調整した枕の完成65A5670 
でも自分にきちっと合う枕の選び方は?

枕の選び方についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック

実は枕を自分の判断だけで合わせたり・選ぶのはとても難しいのです。
だからプロのピローアドバイザーがあなたに合った枕合わせをします!


ここで当店ふとんのヨネタの枕合わせの特長をおおまかにご紹介します。
(詳細についてはページ下記にてご案内しています)
・枕合わせは電話かメールでの完全予約制
 (お一人50分ほどかけて問診・説明・測定・ためし寝)

・ピローアドバイザーが対応した場合のみ、その場で購入可能。

・測定ためし寝で合わせた枕の無料貸し出しも可能(約1週間)
 だから枕を今まで何個も買っては合わなかった方も安心

・問診をしたうえでの通信販売も可能(全国発送)

ヨネタの枕合わせ実績(直近100人のお客様の動向)は下記のとおりです。

@その場で購入又は貸し出しを希望された方、ご来店100人中100人(100%)

※予約制とはいえ100人の方すべてが、購入又は試してみようと思っていただけた事は光栄です。もちろん売り込み等はしておりません。 (H28年8月15日調査実績)

Aその100人の方中
・その場で購入された方  63人(63%)
・貸し出しを希望された方 37人(37%)

Bその貸し出しで1週間使用した結果 
・購入   27人(73%)
・見合わせ 10人(27%)

皆さんはこの結果をどうお考えになりますか?
私の中では枕の素材や構造、そして調整も含めとても皆さまに喜ばれていると考えています。

もしご心配な方には
当店「ふとんのヨネタ」では他店さんではほとんど行っていない「貸し出し」ができます!
どうぞ、もっと良い枕と出会いたい!と思っている方、首の痛みや肩こり原因がどうも枕では?と思っている方はメールか電話でご予約のうえ、ふとんのヨネタはご来店ください。

〜枕測定は完全予約制です。ご予約はこちらから〜

店名:ふとんのヨネタ  
電話での申し込みは011−771−0337
Eメールでの申し込みは   info@yoneta.jp

店舗住所:札幌市北区篠路8条4丁目1−64 

(しらかば台篠路病院さん斜め向かい・えんどう整骨院さん隣り) 

営業時間 平日・土曜日 9:00〜19:00
      日曜・祝日 10:00〜18:00

■定休日  不定期で月に2回ほど日曜日・祝日で休みがあります
      
詳細はホームページ営業日のお知らせにてご確認ください

■地図で確認したい方は ここをクリック
(市内地図を見れるページが表示されます)

※当店へ車でくる場合の国道から曲がる交差点画像なども見れますよ
駐車場は1〜2台止めれます



特に下記のような枕をお使いで首や肩が痛いという場合は原因がまくらにある可能性がとても高いですよ。一度ご相談・測定に来られる事をおすすめします。
又、若い方に使用例の多いまくらですが、今は平気でも30代・40代に急に痛くなる可能性が高いと思いますのでお早めにご相談ください。


事例その@ 
すごく厚みのある羽根まくらや低反発系まくら
(ほとんどの方が横向き寝ばかりになります)
羽根まくら@.JPG羽根まくらA.JPG

事例そのA
パンパンに入ったそばまくら又は手で押し込むとすぐに形が変わるそばまくら 
そばまくら@.JPGそばまくらA.JPG
事例そのB
バスタオルをうすく数枚重ねている 又は 首だけ当たるように丸めて使用
バスタオル数枚A.JPGバスタオル丸めA.JPG
首筋の痛み・肩こり・頭痛・腰痛・いびき・ストレートネックの各症状や状況による「原因」は何か?

当店枕をご利用になったお客様の喜びの声はこちらをクリック


プロがおすすめする快眠枕とは?

それでは、当店でおすすめしている枕はどのようなものか?

また枕選びをどのような形でしていくのか?をご紹介させていただきます。
 _65A5627-001.JPG  

まず、ヨネタでは来客用などは簡易な枕でも良いとして、ご自分で使う枕はしっかりと調整のできるオリジナル快眠枕をおすすめしています。
当店では基本的に「この1種類のまくらのみ」の販売です。
また、毎日使う枕ですのでご来店の場合は必ず測定をさせてもらっています。

※ピロアドバイザー不在時に問診や合わせなどをせず、まくらを販売する事は行っておりません。

尚、通販で全国発送も可能です。北海道外の方、プレゼントで贈りたいなどありましたらこちらをクリック!

 _65A5637-001.JPG

手順としては、今までどんな枕を使っていたのか?何か痛みなどの症状があるのか?そして敷き布団はどのようなものを使われているのか?などを聞かせていただき、その後に良い枕と悪い枕の違いなどを説明させて頂きます。そして測定器で首筋の高さ、頭の高さ、首の長さを測り、その数値をもとに枕の選択や調整をしていきます。

次にためし寝です。よく手触りや見た目だけで選ぶ方が多いのですが、当店では必ずためし寝をしてもらいます。仰向け時の頭の角度(顔の角度や目線をもとに)や横向寝の時の寝姿勢、更には寝返りのしやすさや寝心地の感触をみてもらいます。そして何度か微調整をしながらお客様に合った枕調整をしてこの枕で良さそうか判断をしていただきます。
 調整した枕の完成65A5670 

今までたくさんの枕を購入しても合わなくて心配・・・という方には(市内近郊の方で再度ご来店が可能な方に限ります)最大1週間以内で調整したサンプル枕を無料でお貸しすることも可能です。

またピローアドバイザーが調整して合わせたサンプル枕を試した時点で良い(購入する)と判断された方は、その後10〜15分程度で調整した新しい枕を当日お持ち帰りいただけます。

もちろんご購入後に更に微調整が必要であれば調整いたしますし、電話やメールでの調整方法のアドバイスも可能です。(ご自分でも微調整が可能な枕で、購入時にはそのやり方も説明します)

尚、測定や相談は無料ですがピローアドバイザー不在の場合もありますので予約制とさせて頂いております。

測定やご相談の際は必ずメールや電話でご予約願います。
※訪問・出張での枕測定は行っておりません。又、ご予約なしで来られた場合はほぼ測定や詳しいご相談はできませんのでご了承ください。

ご来店の際は、現在お使いの枕を持参(可能な方のみ)して頂けますと、今までの状況や原因がわかり、より詳しくご説明ができます。


また問診〜説明、枕の測定・調整まではお一人約50分程度のお時間がかかります。
(お二人の場合は1時間15分〜1時間30分位はみていてください)



プロフィール65A5682
わたくし米田創は「日本睡眠科学研究所」
認定ピローアドバイザーです。




さて、ヨネタおすすめの快眠枕とは?

 ヨネタ調整・オリジナル快眠まくら  16,200円
(商品本体・測定・調整料込15,000円+税1,200円)

 オリジナル快眠枕65A4868 オリジナル快眠枕(裏側)65A4871  
(サイズ52×33cm 中素材:ポリエチレンパイプ・やわらかめ)

この枕は仰向け寝はまるで球の中に頭がスポッと収まっているような楽な寝心地。そして横向き寝はとても安定した寝心地となり、初めて転がった方(頭をのせた方)でも「気持ちいい〜」「何か楽〜」と言ってもらえる枕です。

※先に記載しましたが当店では直近枕合わせに来られた方の100人中、100人の方が購入又は貸し出しとなっている実績があります。(つまり枕に転がった印象がとても良かった事と思います)

私は今まで多くの枕を見たり試したりしてきましたが、枕の構造も寝心地もこの枕が一番と考えています。

この枕の特長として、まず安定性があり変な寝姿勢にさせません。寝返りをしても両サイドに高さがありつぶれにくく、肩への負担も大幅に軽減されるのです。また睡眠時に重要な寝返りも、とてもスムーズに出来ます。更に仰向けで寝たときに頭がフワーとつつまれた落ち着いた寝心地があります。頭の中央(後頭部)がうまる枕の中心が、比較的首の短い女性やご年配の方にも向いていますよ。

素材はやわらかめのビーズで、横向き寝の時の横顔への当たりも痛くありません。4箇所の調整口からビーズの出し入れができて、ご自分でも高さ調整ができますし、簡易な洗い方でればご家庭で洗う事も可能です。男性・女性・年代にかかわらず使用できます。


又、ヨネタでは快眠枕と一緒にパシーマのまくらカバーをおすすめしています。このカバーは通常の枕カバーよりも厚手でやわらかく汗の吸収も抜群、タオルのように毛羽立つ事もなく大変気持ち良く使えます。
(枕購入者の約6〜7割の方が合わせて購入されています)

当店の快眠枕と合わせて使うことでより快適な眠りが得られますよ。
(パシーマ製品の詳しくはこちらをクリック)
パシーマピロケース1快眠枕
このパシーマのまくらカバーは35×55cm用で2,700円(税込)となります。

普通の枕カバーよりは高めですが、肌触りや通気性など使い心地は抜群ですよ。

枕の無料測定がどのような形で行われるかを動画でも紹介しております。

 
携帯からは こちら をクリックするとご覧いただけます。



巷では980円の枕もあれば、札幌市内のオーダー系枕は2万円台後半〜3万円以上もします。

あまり安すぎるものは、そもそも構造的に自分に合う場合が少なくおすすめしませんが、高ければいいものとは思いません。価格よりも首に負担をかけない寝心地の良い構造と、何よりも自分にあった高さ調整が大事だと考えています。

どうぞ他店さんで測定や試し寝などをされてから、念のため比較対象に当店にいらしてください。ご満足いただける自信があります。


最後に…もう一度
当店では最大1週間ですが調整した枕を無料で貸し出しできます。
実際にご自分の寝室でためし寝も出来ますので、お気軽に無料測定(予約制)にいらして下さい。
ご来店の際はご予約の連絡と、できれば現在お使いの枕の持参を宜しくお願い致します。

〜枕測定は完全予約制です。ご予約はこちらから〜

店名:ふとんのヨネタ  
電話での申し込みは011−771−0337
Eメールでの申し込みは  info@yoneta.jp

店舗住所:札幌市北区篠路8条4丁目1−64 

(しらかば台篠路病院さん斜め向かい・えんどう整骨院さん隣り)

営業時間 平日・土曜日 9:00〜19:00
      日曜・祝日 10:00〜18:00

■定休日  不定期で月に2回ほど日曜日・祝日で休みがあります
      
詳細はホームページ営業日のお知らせにてご確認ください

■地図で確認したい方は ここをクリック
(市内地図を見れるページが表示されます)

※当店へ車でくる場合の国道から曲がる交差点画像なども見れますよ
駐車場は1〜2台止めれます

 


感謝を込めてあの人へプレゼント!
当店では「まくらのギフト券」もご用意しております。

・いつも一生懸命仕事をしているご主人へ
・毎日家事や家庭の事で大変な奥様へ
・快適な眠りで健康でいてほしい、おじいちゃん・おばあちゃんへ
 kaiminnmakura.jpg
ご依頼主の方に事前にご入金(代引きも可能)いただき、ギフト券をお渡し又はご郵送致します。
ギフト券をご使用になる方から、電話かメールにて当店にご予約を入れていただき、あとは当日にギフト券ご持参のうえご来店いただければOKです。
ご希望の方は一度、店長ヨネタハジメまでお問合せください。

枕が原因で起こる症状とは?

「肩がこってるなぁー」など普段何気なく感じている方も多いと思いますが、その原因として実は「枕が原因」の可能性も大きいのです。

昨日テレビで見たのですが、例えば美容室で髪を洗って首をそらす行為が原因で脳血栓が出来たとか、電話を首に挟みながら長時間いるとよくないと言ってました。要は首は脳へつながる神経や血流の大事な部分でそこへの負担をかけないようにするべきと言うことですよね。

では、枕が原因と考えられるいくつかの症状についてですが、医学博士であり整形外科医であられる奥山先生の「合わない枕は病気をつくる」の本にこのように書かれています。



首すじの痛みー高すぎる枕が原因に
合わない枕は首周辺の血行を阻害する

合わない枕が原因で引き起こされる症状の中で、最も代表的なのが、首すじのこりや張り、痛みです。枕の形状や高さがあっていないので、夜の眠りで首を休ませるどころか、逆に首をくたびれさせる結果となります。

枕が原因で首になんらかの症状が出ている場合は、朝起きた時に最も強い症状が出るのが特徴で、夜寝る前はなんともなかったのに、朝起きたら首すじにこりや痛みが出ているようなときは、明らかに枕が関係しています。


<首の痛みに悩むお客様よりいただいた悦びの声です>



img20160206_18154656.jpg 


首の痛みが辛く真っすぐ座っているのも辛いほどでしたが、ヨネタさんの枕にかえてから朝起きた時の首の痛みが驚くほど軽減し、月に1〜2度必ず行っていたマッサージも現在は通わなくてすむようになりました。予約制と知らずいきなり訪れてご迷惑をおかけしましたが、あの時見て頂けたのは本当に幸運でした。ありがとうございます!

 札幌市北区新川 Y・E 様
 


img20160206_18165426.jpg 


その後、首の痛み肩こりが楽になったように思います。持病の頭痛は時々ありますが…夜中何度も目覚めることもなく十分な睡眠がとれているようです。
身体に合った枕を使うのは大切なんですね。

 札幌市北区拓北 M・N 様
 


img20160206_18173745.jpg 


枕の使いごこちはとても良いです。悪かった首や肩も楽になりました。枕カバーもとても良いですね。肌ざわりは最高です。いろいろとアドバイスしていただきありがとうございます。枕の高さは一度自分で調整しました。毎日寝るのが楽しみです。

 札幌市白石区 H・M 様

 

肩こりー高い枕、不安定な枕が原因に
朝から肩がこる人は要チェック

合わない枕が原因で首すじのこりや痛みを感じている人は、同時に肩こりを訴えるケースが大半です。首を支えている筋肉は肩のほうにもつながっていますし、首と肩はどちらも同じ神経の支配下にあります。

首のこりを招きやすい「高すぎる枕」は肩こりの原因にもなります。また「不安定な枕」も肩こりを誘発します。
枕に安定感がないと寝ている間に頭がぐらぐらとして安定しないので、枕なし状態と同じになります。そうすると脊椎が伸びきって首の筋肉が縮まった状態になり、肩につながる血行が大幅に阻害されてしまうのです。


<肩こりに悩むお客様よりいただいた悦びの声です>



img20160206_18300669.jpg 


先日は親身になって枕を作っていただき有難うございました。実は初日は新しい枕に緊張し寝つけませんでした(笑)次の日からはぐっすり眠れ、朝起きた時にも肩や背中のだるさが軽減したような気がします。上向きの寝方のアドバイスで行儀よく眠れるようになり感謝しています。

 江別市大麻 K・Y 様
 


 img20160206_18313913.jpg


先日はお世話になりありがとうございました。ヨネタさんの枕で質の良い眠りを頂いております。朝起きた時、不思議なくらい肩こりがありません。ヨネタさんの枕に出会って良かったです。

 石狩市花川北 黒木 様
 


img20160206_18393871.jpg 


起床後の肩こりや背中のハリがひどくてなんとか改善したいと思い、枕と枕カバーを購入しました。これまでは夜中寝返りをうつ度に首に違和感を感じて目が覚めたりしていましたが、それがなくなって朝まで熟睡できるようになり、肩こりなども全く感じなくなりました。体に合った枕を使用することってやっぱり大切なのですね。

 札幌市白石区平和通 匿名希望 様

 

頭痛ー不安定な枕、低い枕が原因に
熟睡できないことが大きな引き金に

頭痛も枕が原因で起こることがよくあります。合わない枕が頸部を圧迫し、交感神経を過度に緊張させて脳への血流を悪くするためです。
頭痛が起こりやすいのは「不安定な枕」と「低すぎる枕」です。枕が不安定だと、頭の収まりが悪くて首に負担がかかり、眠りが浅くなります。

また、枕が低すぎると、心臓の高さよりも脳の高さが低くなるために頭がうっ血して、眠りが浅くなります。つまりいずれの枕も、深い眠りが得られないために、目覚めたときに頭が重く感じたり、頭がすっきりしないといった不快症状が出てくるのです。


よくクッションみたいなふわふわな枕を使っている人や、低反発枕なども同様なことがいえます。これらの症状に悩む人は少し硬めの、安定感のある枕に切り替えることをおすすめします。


<頭痛に悩むお客様よりいただいた悦びの声です>



img20160206_18425200.jpg 


朝から頭が重く首から肩・背中にかけてコリがあり、ヨネタさんの枕をネットで知り使わせてもらうことになりました。使ったその日からとってもいい感じで…という事ではなく、気づいたら頭痛がなくなっていて肩コリも軽くなっていたのです。以前は主人の大きないびきで夜中に目が覚めたのですが主人のいびきも小さくなりました。きっと夜中にぐっすり寝ているのでしょうね。

 北海道深川市 A・M 様
 


img20160206_18441962.jpg 


この枕に出会う前、主人の偏頭痛と首の痛みがひどく夜中に必ず2〜3度起きる事が多く睡眠不足と朝起きた時のモヤモヤとした不快感で悩んでいたのですが、ヨネタさんに測定していただいた枕にかえてから偏頭痛がとれ夜中に起きることもなく喜んでいます。ありがとうございました。

 札幌市中央区 岸田 様




腰痛ー高い枕、低い枕が原因に
首にやさしい枕は腰にもやさしい

敷布団やマットレスが悪くて、腰痛が発生する事は良く知られています。しかし枕と腰痛の関係についてはあまり取り上げられることがありません。
ところが実は枕が原因で腰に痛みが生じてくる例は少なくないのです。

人の背骨は首から腰までS字のカーブで、背骨全体が一種のバネのように働き、絶妙のバランスと強さが維持されているわけです。しかしどこかに乱れが生じると背骨全体にきしみが生じます。
ですから首の悪い人はそのうち必ず腰も悪くなってくるし、逆に腰の悪い人は首も悪くなるという悪循環におちいるのです。

これは寝ているときも同じです。腰痛が起こりやすいのは「高すぎる枕」と「低すぎる枕」です。これらはどちらも首に過度の緊張を強いるので、頚椎につながっている胸椎や腰椎にも負担をかけてしまいます。


<腰痛に悩むお客様よりいただいた悦びの声です>



 img20160206_18591015.jpg


今までは朝起きるとき、腰痛でなかなか起きづらかった。また靴下をはくときに片足しか上がらないことが多かった。しかしキャメル敷布団オリジナル快眠枕に替えてからほとんど消えた。腰痛がウソのように消え去っている。疲れて腰が重くなっても「この布団と枕で寝れば治る」という安心感があり、快適!

 札幌市中央区 K・T 様
 


いびきー高すぎる枕が原因に
慢性的ないびきは要注意

睡眠中は筋肉がゆるむため、口が多少開いた状態になり、舌がのどの奥の方へ下がってしまいます。すると、口から吸い込む空気の通りが悪くなって、軟口蓋が振動して音が発生する場合があります。これが「いびき」です。

深酒などして一時的なものであればまったく問題ありませんが、慢性的ないびきは要注意です。
まずは鼻やのどに問題がないか専門医に相談することをおすすめしますが、特に問題がない場合は、枕が原因の可能性があります。

特に高すぎる枕を愛用している人は、頚椎が前屈しているので、気管が圧迫されて狭くなり空気の通りが悪くなるからです。ですから自分に合った高さの枕で顔の角度も一定に保ってあげると、鼻で呼吸しやすい寝姿勢が保たれるため、いびきの防止におおいに役立ちます。

<いびきに悩むお客様よりいただいた悦びの声です>


img20160206_18595817.jpg 


先日はとても丁寧に枕の調整等して頂いてありがとうございました。
父はまだあまり効果を実感できていない様で調整中です。母はぐっすり眠れる様で父いわく、いびきも減ったと思うと話しています。ありがとうございました。


 北海道江別市 K・S 様

 

ストレートネックー高すぎる枕や横向き寝の時間が原因
低すぎる枕には注意
普段から疲れやすい体質なのに加え仰向けと横向き寝のバランスが悪く枕を低くしても痛みの軽減がない方が多いです。

<ストレートネックで痛みで悩むお客様よりいただいた悦びの声です>


img20160206_18514957.jpg 


私の首の骨はストレートネックと言い、首の湾曲がない為、常にひどい頭痛とひどい肩こりで長年苦しんできましたが、NHKで放送された番組を見てヨネタさんを知りました。枕を合わせて頂き、3〜4日試したところ、大変調子が良くやっと自分に合った枕に出会え大変感謝しております。

 札幌市東区 滝本 様
 


img20160206_18521418.jpg 


整形外科・整骨院に通っていても治療後は良くなるものの次の日には頭痛、肩こりがひどく首・背中の骨がストレートなので枕を変えてみようと思いました。調節して一週間お借りし、次の日にはとても楽におきられ枕を変えてから一度も整形外科や整骨院には通ってません。とても良い枕に出会えて満足ですし、どこで寝るにも持ち歩いています。

 札幌市白石区 工藤 様

 

正直に言って枕選びはとても難しいです。枕あわせをする私たちにとっても難しいのです。
首や頭の高さの数値を測り、ためし寝をしてもらい、微調整をしてお渡しする。
でもお客さんの使っている敷き布団の硬さによっては浮き沈みが違うので若干ですが高さが変わってしまいます。でもお互いに遠慮なく意見を言って、また微調整しながら適性な枕の高さを作っていくという感じです。

買ったはいいけどすぐに押入れにしまいっぱなしにならないように、枕選びは慎重にしていきましょうね。

枕の選び方

当店の枕メインページはこちらをクリック願います。

自分に合った枕はどのように選べばよいのか?

自分に合った枕…の前に皆さんは枕を買おうかなと思ったとき、どのようにして選ばれているでしょうか?

多くの方はお店では見た目や手触り、過去のご自分の経験をもとにした好み(高さや硬さ等)で購入していると思います。特別枕に対する悩みもなくどんなものでもいいよ…という方はそのような選び方でもよいのですが、何か枕に不満や不安をいただいているような方はもっと慎重に選ぶ必要があります。

プロの私がみれば、それぞれの枕のおおまかな良し悪し(但しそれが必ず本人に合うかどうかは別)はわかりますが、一般の方は見た目や手触りだけで選ぶのはあまりに不十分なのです。

テレビやラジオショッピング、カタログ・ネット通販などの場合も基本的に良いことしか書いておりませんので、より慎重に選ぶ必要があります。

「合わない枕は病気をつくる」の著者 医学博士・整形外科医の奥山隆保先生の著書の中にも書かれていますが、現代は首を疲弊させる要因があふれています。
車の運転、前傾姿勢の仕事、激しいスポーツなどはその最たるものですが、本来そうした昼間の生活で疲れた首を、夜やさしくケアする役目を担うのが枕です。

しかし合わない枕を使っていると逆に首の疲労を回復させるどころか痛みとなってあらわれるのです。
特に夜眠るときは何ともなかったのに、朝起きると首や肩など身体に痛みを感じる場合は枕が原因の可能性が高いと思われます。


参考文献

 
  img036.jpg    




では、自分に合った枕はどのように選べばよいのか?の本題です。

・まあまあ合えばよいかな?と思っている方は
頭を乗せるとその重さで形の変わる枕や調整機能のある枕など
少なくとも枕の厚みが10p以内のものをおすすめします。
首筋に強い当たりを感じるものはおすすめしません。
makura-takasugi22.jpgmakura-nobose23.jpg
※イラストのような寝姿勢はNGです


 
・本当に悩んでいるので少しでも自分に合った良い枕(痛みの軽減や快適な寝心地)をお探しの方

自分で枕を合わせるのは非常に難しく、測定などをしているプロにご相談ください。
調整機能のない枕(自分の頭の重さで枕が沈むだけの枕)はおすすめしません。
理想はゆったり首や肩に負担のかかりにくい正しい寝姿勢

 まくら適正修正.jpg

 理想はゆったり首や肩に負担のかかりにくい正しい寝姿勢
 

一般的な枕で多いのが、仰向け寝・横向き寝の時にどちらかはまあまあ合っているがどちらかは全然合っていないというケースが多いです。それは枕の構造が悪い為です。
横向き寝が多い方でも仰向け寝の時間も必要ですし、どちらかに偏らないバランスの良い寝姿勢がとれる枕構造と調整が必要になります。



当店の枕を利用されたお客様の声はこちらをクリックしてご覧下さい。