羽毛布団のリフォーム(打ち直し)について

                     札幌市内はもちろん全国 対応しております

今お使いの羽毛布団 よみがえらせてこれからも大事に使いたい!

このようにお考えの方は羽毛布団のリフォーム(打ち直し)をご検討ください
 _18C0173-002.JPG    _18C0447-1.JPG
  リフォーム前                    リフォーム後 (足し羽毛増量コースの一例です)

当店では他工場への丸投げではなく、店長が布団の見極めからお客様との相談や要望を聞き、店内の羽毛布団製造機にて今後10年以上使える納得の羽毛布団に仕上げますよ。
_18C0393.JPG 
※ちなみにクリーニング店や他店さんでは羽毛布団を自店や自社工場で仕上げるのではなく、取次店が多くなんでもリフォームできますよと単に羽毛布団を預かり他工場に丸投げしているのがほとんどです。工場ではお客様の要望もお顔も見えませんから、決まった200g等の足し羽毛をして見栄えだけよくして取次店に戻します。ですから中身がまったく見えてない状況で納めているケースが多いのです。


羽毛布団リフォーム(打ち直し)について、皆さんがまず知りたいのは
このような事ではないですか?


疑問顔イラスト.jpg今まで使ってきた羽毛布団、かなり汚れてつぶれて暖かさがなくなった
このような布団でもふっくら新しい羽毛布団のようにリフォームできるのだろうか?


使用中の羽毛布団又は押し入れに眠っていた羽毛布団のサイズを変更できるかどうか?


直すよりも新しい羽毛布団を買ってしまった方が良いのだろうか?


布団カバーをはずしたら、羽毛(ダウン)が噴き出ていた。大丈夫だろうか?

   5hetari.jpg4fukidashi.jpg
       傷み・やぶれ                 ふきだし

 

yoneta-001.jpg使用中の羽毛布団又は押し入れに眠っていた羽毛布団のサイズを変更できるの?
使用年数や現在の状態にさほど問題がなければサイズ変更した布団に作り替えできます
 
直すよりも新しい羽毛布団を買ってしまった方が良いのだろうか?

この1〜2年急激にダウンの原材料費が高沸しております。リフォームできる布団と判断したものであればリフォームの方が断然お得です。

 
布団カバーをはずしたら、羽毛(ダウン)が噴き出ていた。大丈夫だろうか?

カバーを換える時に小さなホコリに近いようなものが1〜2個飛んでいる位でしたら問題ありませんが、それ以上あきらかにダウンが噴き出ているようでしたら即使用中止してください。


羽毛布団がリフォームできるかどうか?は

この下 ↓ に記載した@〜Cの重要なポイントを確認したうえで
問題がなければ10年以上使用できるふっくら暖かい羽毛布団に
作り直しができますよ。

 
その前に…少しだけお聞きください


羽毛布団というのは新しいもので低価格帯の1万円〜高級なものは100万円の羽毛ふとんが存在するなど非常に選び方が難しいものです。リフォームの場合でもそれなりな金額がかかりますし全ての羽毛布団がリフォームできる訳ではありませんので、きちっとした情報収集が必要となります。
※古くても何でも問題なくリフォームできる!…とかかれている情報は注意が必要です

_18C0445.JPG店長の私(ヨネタ)は今まで新しい羽毛布団の羽毛投入、リフォームの羽毛布団の直しを1,000枚以上おこなってきました。中身を見て触って投入してどのような仕上がりになるかがわかっています。その経験から大事なポイントなどをできるだけ詳しくわかりやすくお伝えできればと思っています。


ご不明な点やご相談がありましたらどうぞお気軽に、電話(011−771−0337)

又はEメール(info@yoneta.jp)にて店長ヨネタハジメ宛、お問合わせくださいね。

NHK様子2.jpg
(画像は2008年NHKテレビに羽毛製造の様子を取材された時のものです)

 
 
羽毛布団のリフォームできるかどうか? ポイントその@
まず元々の品質についてですが…

 羽毛布団の品質表示札はついていますか?シングルサイズやダブルサイズの寸法やダウン品質などがかかれていますが、少なくともダウン80%以上のものが目安となります。ダウン70%や50%と書かれたものはフェザー(羽根)の部分が多く膨らみも弱いものになります。昔(20年以上前)のものや低価格のものに多いです。又、購入時の金額が比較的低価格の場合もリフォームは見合わせた方が良いです。(例:購入時が3〜4万円の場合、リフォームに3万円前後かかる事を考えますと新しい羽毛布団に買い替える選択肢の方が良いかと思われます)
品質表示が薄くなって読めない場合は下記のポイントも参考のうえご相談ください。
6itami.jpg  羽毛品質ラベル.JPG


羽毛布団のリフォームできるかどうか? ポイントそのA

現在の状況はどうですか?特に使用年数は重要です。

 使用年数の目安は約15年以内のものとなります。(使用していない場合でも20年以上前のものはダウン比率や布団の構造的に不向きな場合が多くなります)

今までの私の経験上15年を超えるとリフォームは難しい状況になっている場合が多いです。出来れば7〜10年前後位のもので、サイズを変えたい、羽毛が吹き出た、偏った、全体的に膨らみが弱くなったものはリフォームできる可能性が高くなります。
但し使用状況が良い場合、元々の品質がかなり良い品の場合は15年以上たっていてもリフォームできる場合もありますのでご相談ください。

 
羽毛布団のリフォームできるかどうか? ポイントそのB

過去にリフォームをした羽毛布団は2回目のリフォームはできません。
又、使用した夏掛(肌掛)布団もリフォームはおすすめしません。
1sukasuka.jpg
羽毛は使用期間が長くなるほどダウンの毛先が壊れていきます。過去にリフォームをした羽毛布団は中身の約80%程度は古いダウンです。仮に10年前に1度リフォームした場合は元々のダウンはすでに20年経っている事になりますね。このダウンを更に10年使用するには難しいものがあります。
又、夏布団(肌掛け)のような薄い布団の場合は押しつぶされたりのダメージが強いためダウンが相当弱まっていますのでこちらもリフォームには不向きとなります。
 
羽毛布団のリフォームできるかどうか? ポイントそのC

足し羽毛がどの位必要か?によってリフォーム価格と新しい羽毛布団との比較ができます。
 わたの敷布団などに比べて復元力の弱い「羽毛」という素材はどうしても足し羽毛が必要となります。この足し羽毛が少量(新しい羽毛布団での投入量の約3分の1以内。シングルサイズだと400〜500g以内)で済むようでしたらリフォームをおすすめします。
_18C0387.JPG
※足し羽毛400gとはぎゅっと詰めると左記画像の袋1つ分です。これを機械をとおして布団にすると、画像にあるような
夏用の肌掛け布団(シングルサイズ)1枚分となります。羽毛布団のリフォームの場合は抜き取り時や除塵により目減りもしますのでしっかりとしたボリュームの足し羽毛はかかせません。


あまりに膨らみのない羽毛や中身のダウン比率の羽根が多い場合などは、足し羽毛の量が増えて料金がかさんでしまい、結果リフォームをする価格と新しい羽毛布団の料金が変わらない程度になってくる事もあるのです。

羽毛布団のリフォームは側生地を取替え、中身の羽毛を丸洗い洗浄してから、機械にかけてホコリや羽毛のカスなどを取り除き又拡散させ、新しい羽毛を追加してあげることによって、新品に近い状況の羽毛布団に生まれ変わります。
(但し今後の寿命に関してはリフォーム商品の方が2〜3年程度は早くなるとお考えください)

※未使用や使用後3年以内などであれば足し羽毛をしなくても良い場合もありますが、使用済みの羽毛布団の場合は必ず新しい足し羽毛が必要となります。よく質問でダブルサイズ→シングルサイズにするので足し羽毛は必要ないですよね?と聞かれますが、弱くなったダウンをたくさん入れれば膨らみますが重たくなり羽毛本来の機能も低下しますので必ず足し羽毛は必要となります。
 

上記のポイントを考慮しながら最後は布団の見極めが(リフォームができるかどうか?お得かどうか?の判断)がとても重要なのです!ですから当店では基本的に羽毛布団リフォームの場合は「今お持ちの羽毛布団」を見てからの最終判断となります。
_18C0209.JPG
_18C0228.JPG
今まで1000枚以上の羽毛布団をさわって・見て・作ってきた経験を活かし、しっかりと見極めをさせていただきます。

 ※よく買い物カゴで羽毛リフォームを簡単に受付けているサイトもありますが、リフォームの場合は簡単には決定できないものと私は考えています。足し羽毛200gで済みそうか?又は400gは入れないとダメか?あるいはリフォームには不向きか?等など。最初から決まった足し羽毛がついていて取り出しや投入作業も自店ではなく工場に送って仕上げてくるお店は本当に満足の仕上がりできちっとした作業が行われたか疑問に思う部分がありますね。


羽毛布団の見極めをするにあたり…(ご依頼の場合は…)

 

お客様のお住まいが札幌市内及び近郊の方は…
_18C0215.JPG当店へご来店お持ちいただくか、又は当店でお近くを廻る際など(日時等ご相談のうえ)にご自宅へお伺いして見る事もできます。一番良いのはご来店いただけると、店内の新しい羽毛布団とも膨らみや価格などもすぐに比較できてわかりやすいです。
店長不在時もありますので、ご来店の前には一度電話でご相談・ご予約していただけると助かります。


札幌市外・北海道外の(通販にて)ご利用のお客様は…
最近は本州地方の方からのお問い合わせ・ご利用が非常に多いです。
まず事前に電話かEメールで使用年数や商品ラベルの記載情報、サイズや布団の厚さなどのご希望等もお知らせいただけると助かります。(店長・ヨネタハジメ宛、どうぞお気軽にご相談くださいね)

_18C0173-002.JPGリフォームできるかどうか?がご心配な方は携帯での画像でも結構ですので(羽毛布団の画像@4つ折にして横から撮ったものA2つ折りにして横から撮ったものB広げた状態で斜め横から撮ったものを)Eメールに添付してお送りいただけるとより詳しくご案内(目安の見極めやお見積りが)できます。

 
リフォームをお決めになりましたらお客様手配にて宅配便などで羽毛布団を当店へお送りください。なるべくコンパクトな箱や袋にいれて頂くと送料も安く済みます。
お客様から当店へお送り頂く際の送料はお客様ご負担となりますが、平成26年6月より送料分として1,000円割引キャンペーン実施!しております。
リフォームをされる場合に限りますが、
お送りいただく送料の一部を当店が負担としてリフォーム代金より1,000円割引させていただきます。通販の方限定サービスです。


当店到着後は羽毛布団を最終チェックさせていただき、足し羽毛を含めた料金をご案内致します。(まれに先に記載のリフォームできるかのポイント等でご案内した理由で、せっかく送って頂いてもリフォームをすすめられない場合もございます。その際はご了承願います事とできるだけ事前にご相談ください)

当店の最終判断(リフォームできるかどうかと最終お見積り)をお客様へメール又は電話にてお伝えします。お客様のお返事がOKであれば、羽毛洗浄〜側生地製法など準備に入らせていただきます。
尚、リフォーム完成品を当店からお客様へお送りする際の送料は無料となります。

 

ヨネタの羽毛布団リフォーム料金の詳細はこちらをクリック
羽毛布団のリフォーム料金をサイズ別・足し羽毛量別に見る事ができます。
足し羽毛・洗浄付 シングルサイズ25,920円(税込)〜
_65A5720.JPG

羽毛布団リフォーム工程とお申し込みの流れはこちらをクリック
羽毛布団リフォームとはどんな事をするの?申込から届くまでどんな手順でどんな流れとなるの?についてご説明いたします。
069.JPG038.JPG

当店で羽毛布団リフォームをされたお客様の声はこちらをクリック
先にご利用いただいたお客様の生の声です。是非ご参考にしてみてください。
お客様の声@.JPG

お申し込み・お支払方法についてはこちらをクリック
 

 ご自分の現在お持ちの羽毛布団がリフォームできそうか?お悩みの方、あるいは質問などありましたら、使用年数やサイズ、ダウン比率など、現在の状況をなるべく詳しくご記入のうえ、お気軽に下記からお問い合わせ下さい。電話でのご相談もOKです。

 羽毛ふとんのリフォームについてお問い合わせのある方はこちらをクリックして下さい。

 リフォームのお申し込みをご検討の方は 店長・ヨネタハジメ宛
     電話    011−771−0337
     Eメール  info@yoneta.jp からどうぞ

 

羽毛布団リフォーム(羽毛布団打ち直し)の料金一覧

<ヨネタの羽毛布団リフォーム料金(税込)>

料金は側生地+羽毛洗浄+足し羽毛+仕立て代+消費税が含まれた出来上がり価格となります。

尚、側生地のキルトは立体キルト(一般的な正方形に近いマス目)となります。  
使用期間が5年以内など状態の良いものは足し羽毛200gコースで問題ないかと思いますが、一般的には400g(ダブルは500g)足し羽毛コースとなる場合が多いです。また、400g以上(ダブルは500g)の足し羽毛が必要な状況の場合は買い替えと比較検討される事をおすすめ致します。
リフォーム期間としては布団お預かりから約2〜3週間ほどお時間を頂きます。    

◆シングルサイズ   足し羽毛200g付    足し羽毛400g付
@完全おまかせお得コース   25,920円       32,400円
(側生地の種類も柄摸様や色もすべて当店おまかせとなります)

                  
                  足し羽毛200g付    足し羽毛400g付
Aおすすめ柄選びコース    38,880円       45,360円
(当店ホームページ左メニューの羽毛布団ランク別生地柄ページにある、やわらかBランク生地より柄をお選びいただけます)

                   足し羽毛200g付    足し羽毛400g付
B高級生地・柄選びコース    48,600円       55,080円
(当店ホームページ左メニューの羽毛布団ランク別生地柄ページにある、高級クラスのDランク生地より柄をお選びいただけます)

 
※下記Cの特別コースを新しく作りました。通常新しい羽毛布団で25万円〜100万円の品に使用している当店で扱える一番最高級の側生地です。足し羽毛も上記@〜Bとは違う高級ダウンポーリッシュホワイトグ−スダウン93%を使用しています。お持ちの羽毛布団をお買い求め時20万円以上だった方におすすめのコースです。
                   足し羽毛200g付    足し羽毛400g付
C最高級生地・柄選びコース  118,800円       137,160円
(当店ホームページ左メニューの羽毛布団ランク別生地柄ページにある、最高級クラスのGランク生地より柄をお選びいただけます)

◆ダブルサイズ      足し羽毛300g付    足し羽毛500g付
@完全おまかせお得コース   36,720円       43,200円
(側生地の種類も柄摸様や色もすべて当店おまかせとなります)

                  
                  足し羽毛300g付    足し羽毛500g付
Aおすすめ柄選びコース    56,160円       62,640円
(当店ホームページ左メニューの羽毛布団ランク別生地柄ページにあるやわらかBランク生地より柄をお選びいただけます)

                   足し羽毛300g付    足し羽毛500g付
B高級生地・柄選びコース    71,280円       77,760円
(当店ホームページ左メニューの羽毛布団ランク別生地柄ページにある高級クラスのDランク生地より柄をお選びいただけます)

※下記Cの特別コースを新しく作りました。通常新しい羽毛布団で25万円〜100万円の品に使用している当店で扱える一番最高級の側生地です。足し羽毛も上記@〜Bとは違う高級ダウンポーリッシュホワイトグ−スダウン93%を使用しています。お持ちの羽毛布団をお買い求め時20万円以上だった方におすすめのコースです。
                    足し羽毛300g付    足し羽毛500g付
C最高級生地・柄選びコース  162,000円       180,360円
(当店ホームページ左メニューの羽毛布団ランク別生地柄ページにある、最高級クラスのGランク生地より柄をお選びいただけます)


※上記足し羽毛は中国産ホワイトダックダウン85%(3,780円/100g)を使用した場合です。足し羽毛に関してはグレードを上げるよりも新しダウンの足し羽毛量を増やす事をおすすめしております。但し現在お持ちの羽毛布団の中羽毛のグレードが高く、より良いダウンを投入したい場合はそのようにもできますよ。(差額代金が増額となります)

<足し羽毛をグレードアップの場合>
・1ランク上のフランス産ホワイトダックダウン90%への変更 100g405円(税込)
 シングルサイズ400gコースの場合はリフォーム基本料金+1,620円増額
 ※価格差以上にダウンが良いものに変わりますよ

・2ランク上のハンガリーダック93%への変更 100g1,620円(税込)
 シングルサイズ400gコースの場合はリフォーム基本料金+6,480円増額
 ※かなり上質の羽毛布団をお持ちの方はこのコースから上が良いかもしれません

・3ランク以上グレードアップのポーランドホワイトグースダウン93%への変更 100g6,480円(税込)
 シングルサイズ400gコースの場合はリフォーム基本料金+25,920円増額
 ※本格的な高級羽毛布団をご使用の方におすすめです。

img393-001.jpg 
※当店のリフォーム足し羽毛に使用している中国産ダックダウン85%はカサ高12.5pです。このダウンは悪い訳ではなく市販で産地表示のないダウンは概ね同等クラスの中国産ダウンとなります。ランクUPに表示のダウンはとり膨らみと回復力のある羽毛です。

※セミダブルサイズはダブルサイズと同額となります。クイーンサイズやキングサイズもリフォームできます。



こんな症状はありませんか?
一つでも該当していたら羽毛布団が傷んでいる証拠です!お早めにリフォームをご検討下さいね。
 □えり元や足元がヘタっている
 □買ったのが7年以上前
 □カバーをはずすと中に羽毛が飛び出て来ている
 □全体的に膨らみがなくなってきた
 □側生地が傷んできた
 □汗や皮脂で汚れている
 □臭いが気になる

ご自分の現在お持ちの羽毛布団がリフォームできそうか?お悩みの方、あるいは質問などありましたら、使用年数やサイズ、ダウン比率など、現在の状況をなるべく詳しくご記入のうえ、お気軽に下記からお問い合わせ下さい。電話でのご相談もOKです。

 羽毛ふとんのリフォームについてお問い合わせのある方はこちらをクリックして下さい。

 リフォームのお申し込みをご検討の方は 店長・ヨネタハジメ宛
     電話    011−771−0337
     Eメール  info@yoneta.jp からどうぞ

 

羽毛布団リフォーム工程とお申し込みの流れについて

羽毛布団リフォームの手順(作業や申し込みの流れ)としては

@ご来店持ちこみ又はご自宅へお伺い(通販の方は羽毛布団を送っていただき)して、まずは羽毛布団を見させていただきます。

 

_18C0215.JPG


A羽毛布団の状態を確認して見極めをします。

現在お持ちの羽毛布団がまずリフォームできるか?又、足し羽毛はどの程度必要か?を正式にご案内させていただきます。
_18C0196.JPG
_18C0209.JPG
※使用年数や購入時の状況をお聞きしたり品質表示やダウンの状態を確認します


_18C0387.JPGリフォームの場合は抜き取り時や除塵作業により若干目減りします。又洗いや機械にかけても、さすがにまったくの新品と同じという訳にはいかず、当店では基本的にシングルサイズで400g足し羽毛コースになる場合が多いです。足し羽毛の400gとはぎゅっと詰めると左記画像の袋1つ分です。これを機械をとおして布団にすると夏用の肌掛け布団(シングルサイズ)1枚分となります。今後10年以上しっかりと使用するには足し羽毛はかかせません。他店さんでは200g足し羽毛が多いですが、よほど状態の良い羽毛布団でない限り、200gで新品同様な膨らみまで回復は難しいです。

使用年数や状態によっては寿命と判断しリフォームをおすすめしない場合もあります。特にダウン比率が少なくフェザーの多い羽根布団などはリフォームに適しません。

_18C0228.JPG
_18C0262.JPG


B当店でリフォーム可能と判断できましたら、次にコースをお選びいただきます。リフォームも側生地によって4コースがあります。

_18C0270.JPG
_18C0301.JPG
羽毛布団は側生地によってずいぶんと掛け心地の違うものになります。良い側生地ほどやわらかく・軽く・快適な掛け心地となります。おすすめ柄選びコース・高級生地柄選びコース・最高級生地柄選びコースの場合は数種類の側生地から柄と色をお選びいただきます。(完全おまかせお得コースは柄・色ともに選べません。当店おまかせとなります)


側生地ってどんなものなんだろう?厚みはあるのだろうか?カサカサ音がしないのだろうか?やわらかさは?
そのような方にご希望があれば側生地のサンプル(全ての側生地サンプルではなく、各コース別の側生地の違いがわかる程度のものとなります)をお送りする事も可能です。

_18C0464.JPG
資料請求フォームからお客様情報とご希望の資料記載欄に羽毛布団の生地サンプル希望とご記入ください。

資料請求フォームはこちらをクリック!



Cお客様の最終確認OKのお返事をいただきましたらすぐに準備に入らせていただきます。
尚、この時点で通販ご利用のお客様はお支払方法(銀行振り込み・ゆうちょ銀行振り込み・パソコンアドレスによるクレジットカード決済のいずれか)をお選びいただき決済の手続きをして頂きます。

羽毛布団リフォームの場合はお一人様毎のオーダー同様となりますので、お申し込み時の決済手続きとなります。お申し込み方法の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。


D側生地は国内工場にて1枚ずつ製法します。

(おまかせコースは出来上がった側生地を基本的に用意しております)
 seisaku-2.jpgseisaku-3.jpg 
 同時にお預かりした羽毛布団は1枚ずつ洗浄に入ります。
 _18C9839.JPG_18C9916.JPG


E羽毛を抜き取り拡散・除塵。新しいダウンと混ぜ合わせながら、新しい側生地に羽毛を投入。
この作業は当店にて店長がすべておこないますので、安心確実な羽毛布団に仕上げます!
_18C0428.JPG
_18C0445.JPG_18C0393.JPG


Fご注文から約2週間後にリフォームした羽毛布団が出来上がり、お届け又は発送いたします。

_18C0339.JPG

 _18C0383.JPG
お申し込みは電話(011−771−0337)又はEメール(info@yoneta.jp/)からお願いします。

お名前・ご住所・電話番号とリフォームのご希望内容・お支払方法をお知らせください。
尚、できる限りお互いに書面的なものを残したいのでEメールにて最終確認をさせていただきます。
パソコンがどうしても苦手な方はFAXでも構いませんし、難しい方はお電話のみでも可能です。

ご不明な点やご質問がありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。宜しくお願いします。

 

羽毛布団で注意したい・知っておきたい情報

ここでは羽毛布団の選び方や業者選択などで知っておいてほしい情報を書いています。せっかくの高価な羽毛布団を買ってから、リフォームしてから後悔しないように、是非ご覧いただき今後の参考にしてみてくださいね。


〔あるホームページを見ると羽毛布団洗う前と洗ったあとでは2倍も3倍にも膨らんでいる〕
umo-mizuarai.jpg羽毛布団も長期間(10年以上等)洗わないと汗汚れや皮脂の汚れなどでダウンも傷んだり汚れの付着により膨らみが少なくなります。水洗いして乾燥させる事により多少膨らみも回復はしますが2倍も3倍もなることはあり得ません。

特に20年以上前の羽毛布団でダウン比率の少ないものダウン70%フェザー30%等のものはわずかながらにしか膨らみは回復しません。あまりに大げさなホームページの画像には驚くばかりです…



【軽量加工などと聞こえはよいがポリエステルの側生地】
umo-hinshituhyouji.jpg羽毛布団の側生地ですが汗を吸湿する綿100%・超長綿100%が良いです。しかし最近はポリエステルが30%・80%混ざった側生地が多くなっています。(他店さんのサイトを見ても安い羽毛布団やリフォームに使用している生地はほとんどポリエステルが入っています)

このポリエステル混の生地はたしかに軽い生地で風合い良くみえるのですが、湿気を吸わないので非常にムレやすく又帯電性もあり室内のホコリを寄せ付けやすい面もあります。ほとんどが中国でプリントから縫製をした側生地なのです。当店で使用している側生地は新品・リフォーム問わず、すべて綿100%でプリントや縫製・羽毛洗浄から投入も日本で行っています。



〔25年以上前の羽毛布団が今は希少価値があると業者に言われ、リフォームする事に〕
こんなことはないと思った方が良いでしょう。
長年使った羽毛は膨らむ力を失いダウンの毛先が徐々に砕けていきます。また当時のものは羽の芯がついたフェザー比率の高いものがほとんどです。生地も厚手でゴワゴワ感のあるものが多く又保温性に関係のあるキルティングなど(作り・構造)も現在の製法には劣ります。

品質にも色々ありますが、基本的に新しいダウンよりも25年以上前のダウンの方が状態が良い・価値があるという事はほぼありません。「希少価値がありますよ」と言うのはお客様をよい気分にさせてより高く売りたい業者の戦略なのです。

〔羽毛は一生もので50年も100年も使える〕
umo-issyomono.jpgテレビなど家電製品をみると30年前のものと現在のものではまったく違う機能性となっています。羽毛布団は家電ほどではありませんがやはり年々劣化もしますし、30年前のものと現在のものではダウンの品質も全然違います。

一生使えるなどの言葉は私は言いません。20年30年前の羽毛布団であれば仮に亡くなったおばあちゃんの思い入れがある等の場合には少しだけ新しい羽毛に混ぜるなどはできますが、それ以外の場合は買い替えをおすすめします。中には20年以上前のものでも本当に上質のダウンが入っていて使用状態も良い物はリフォームできる場合もありますが…



【ネット通販で新しい羽毛布団42万円が→なんと49,000円】
umo-daitokka.jpg先日羽毛布団について他店サイトを見たらメーカー参考上代420,000円がなんと49,000円の88%OFFで販売していました。商品詳細をみるとダウンはダックダウンを使用。側生地はポリエステル85%。ありえません。
参考上代はメーカーが独自に決めるので自由ですがお客様にいかにも激安感をあおったホームページだなと思いました。お店も購入者も残念です…



〔ダウン90%なので良い羽毛布団だ!〕
よく安価な服などで中国製などがありますが、羽毛布団の品質表示でメイドイン中国はほとんど見かけません。たいていはハンガリーやポーランド、カナダ産などのイメージがあるのではないでしょうか。

しかし統計では現在日本に輸入される羽毛の約70%以上は中国と台湾から輸入されています。質の高いと言われる北欧や東欧の羽毛はたったの30%以下しか日本に輸入されていないのです。

実際ダウンボールの小さいものを寄せ集めた羽毛布団でもフェザーとの割合が9対1であれば表示はダウン90%となります。
ですのでダウン比率はひとつの目安と考え、それだけで良い羽毛布団と決め付けるのはよくありません。
布団屋の私が言うのも何ですが、先の輸入統計などからも現在売られている羽毛布団が本当に正しい表示がされているのかと疑問に感じる羽毛布団も少なくありません。

当店で羽毛布団のリフォームをされたお客様の声

<お客様よりいただいた悦びの声です>

羽毛布団お客様の声5   
寒い季節になりリフォーム致した羽毛布団、大変重宝しています。
羽毛布団に関する事件など耳にしていたのでお願いするまでは
不安なこともありましたが、家まで来て下さってお話をうかがって
安心してお願いすることができました。おかげで今年は快適な冬
をすごすことができそうです。本当にありがとうございました。

札幌市白石区 匿名希望 様

 


羽毛布団お客様の声2 
 
先日羽毛布団の仕立て直しをお願いしました。ふんわりと軽く暖
かく満足いく仕上がりで喜んでおります。安い物を使い捨てにす
るのも悪くはないと思うのですが良い物をメンテナンスしながら
長く使う事が今の時代に合っているように思います。急に寒さが
増してきたこの頃ですが良い布団のおかげで快眠できています。
これからは布団のことはヨネタさんんいお願いしたいです。
ありがとうございました。

札幌市東区 末永 様

 


img370-001.jpg 
 
とってもきれいに仕上げていただきありがとうございました。睡眠
の質が高くなりました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

札幌市北区 小野 様

 


img371-001.jpg 
 
ずーっと押し入れの中で使わずにいた羽毛布団でしたが思い切
ってリフォームしてみようと思いました。想像をはるかにこえる出
来上がりにとてもびっくりしました!今はあったかくそして気持ち
よく使ってます。ヨネタさんにお願いして本当に良かったです。

札幌市東区 田尻 様

 


img372-001.jpg 
 
初めてリフォーム致しました。その節は大変お世話になりました。
業者を選ぶにあたりインターネットにて検索をしました。
全部見るには時間がかかる…そんな時に小さな幸せを創るとい
う文字が目に留まりました。寝るという事は人の一生の中で大事
な部分だと思うのできっと布団に対して真剣に取り組んでいると
感じご連絡させて頂きました。ていねいな説明をしてもらい安心
して任せられました。

東京都荒川区 ペンネーム:ヤン様

 


img373-001.jpg 
 
羽毛ふとんリフォームの際は本当にありがとうございました。本格
的な冬を迎えて、お陰様で毎晩快適に暖かく眠っております。
おまかせコースでありながら表地の品質の良さにびっくり。
今後永く安心して使用できると思うとリフォームして本当に良かっ
たと実感しています。これからも多くの方に信頼され支持される
お店で有り続けていて下さい。

福島県須賀川市 K・M 様

 


img374-001.jpg 
 
去年までは電気毛布、敷毛布、掛け毛布、羽毛布団で過ごしてい
たのにリフォーム後は羽毛布団1枚で真冬ものりきっています。
またカバーやシーツも綿100%ですがシルクのようにやわらかい
肌ざわりで寝心地最高です。リフォームの倍の値段で羽毛布団の
購入を検討していたのでヨネタさんをインターネットで見つけて本
当に良かったです。

東京都港区 K・Y様