「寝つき」について

皆さんは布団に入ってすぐ眠れるほうですか?

私は自分の布団だとあっという間に眠れますが、ホテルなど環境が変わるとなかなか眠れないほうです。睡眠は、交感神経が休息状態にならないと訪ずれません。悪い例として寝る直前まで携帯メールをしていたりパソコンなどで、細かい字を集中して見るのは良くないそうです。

また食事は最低でも寝る3時間前までに済ますのが良く、食物も胃に入れることは目覚め効果があり、「食べると眠くなる」のはうそだと研究者は言っております。お酒は微量だと目覚めの作用があり、大量に飲むと寝つきはよくなるが、途中で目覚める回数が増えると言います。
なんだか私たちの思っている常識は意外と当てはまらないものですね。

また眠気は体の中の熱を外に出し、体温が下がらないとおきません。よく眠たくなると手足がポカポカしてきますよね。あれは体の熱を手と足から放出しているということなんです。
よく眠れる方法としては、寝る2〜3時間前に運動をする。入浴も寝る3時間前ほどに済ませ、やせている人は38度ほど、太っている人は42度くらいのお湯に、半身浴でつかるといいと言います。更に人間の体にはリズムがあるので、前の晩にどんなに夜更かししても起きる時間は決めておき、日中、細切れ睡眠をとったほうがいいそうです。

夜、布団に入ったときは「あ〜今日も疲れたなー」と感じながらも布団のぬくもりは嬉しいものですよね。やっぱり良い寝具と環境で気持ちよく眠り、いい目覚めで朝を迎えたいものです。