失敗しない枕の選び方とポイント

枕難民の方にもじっくり読んでほしい
肩こり・首の痛み悩み解決へ!

「ピローアドバイザーが徹底解説!」

 

【快眠のために枕が重要な理由】

なぜ枕が重要か? について 簡単に言いますと
寝る時に首や頭を適切に支えないと、眠りの悪化やさまざまな痛みがでるからです。

 

streat-neck-002.jpg現代は首を疲弊させる要因があふれています。
車の運転、前傾姿勢の仕事、激しいスポーツ、スマホを見る姿勢等、若い人でも肩こりや首の痛みで悩んでいるケースが多いです。もちろん加齢による身体的な要因もあります。

本来そうした昼間の生活で疲れた首を、夜やさしくケアする役目を担うのが枕です。しかし合わない枕を使っていると逆に首の疲労を回復させるどころか痛みとなってあらわれるのです。

ですから快眠と健康のためには、枕は非常に重要な寝具の一つなのです。


【自分にあった枕を選ぶ5つのポイント】

では自分にあった枕を選ぶためにはどのような事に気をつけたらよいのでしょうか?
ピローアドバイザーのヨネタ店長がわかりやすく解説します。

@枕の高さ
高さは人によって違い好みもありますが、身体の大きさも含め基本的に男性はやや高め、女性はやや低めの傾向にあります。

高さで重要なのは仰向け寝と横向き寝の時では必要な高さが違うという事です。仰向け寝時は低め、横向き寝時は高めな状態で寝れる枕がベストです。



A枕の素材
素材には例えば、そば殻・ビーズ・パイプ・ウレタン・羽毛などがあります。

こちらも人によって好みは分かれるかと思いますが、柔らかすぎるのは頭が安定しないのでおすすめしません。
T3A9784-003.JPG
※ストローを切ったような形をしたパイプ

また硬すぎるタイプも首を圧迫しますのでNG。スポンジ系の熱のこもりやすい素材は汗かきの人には不向きです。頭を涼しく適度な硬さと言う面ではそば殻やビーズ・パイプ系をおすすめします。



B枕の形状
基本的に真ん中は低め又はくぼみがあり、サイドは少し高めの形状がよいです。

また小さすぎる枕もよくみかけますが、頭を浮かせずに枕の真ん中からゴロゴロと左右に寝返りをして枕から落ちない程度の大きさは必要です。

肩から乗せる枕もありますが、寝返りをすると肩と首の間に隙間ができやすく特に横寝は不安定になってしまいますので、枕は頭・首までを乗せて肩は枕にぎりぎり触れるかどうか位のポジションで使います。


C可能な限り試し寝をする
多くの方は見た目や手触り、過去のご自分の経験をもとにした好み(高さや硬さ等)で購入していると思います。特別枕や眠りに悩みのない人はそのような選び方でも仕方ないのですが、そうでない方はもっと慎重に選ぶ必要があります。

プロの私がみれば、それぞれの枕のおおまかな良し悪しがわかりますが、一般の方は見た目や手触りだけで選ぶのはあまりに不十分なのです。テレビやラジオショッピング、カタログ・ネット通販などの場合も基本的に良いことしか書いておりません。

可能であれば、試し寝等で仰向け寝・横向き寝の高さや感触を試し、更にプロのアドバイスを受けるのがベストです。


D寝姿勢をチェックする
横向き寝の多い方も仰向け寝の時間があってほしい
仰向け寝ばかりの方も横向き寝の時間があってほしい
仰向け寝が多めで、ゴロゴロと寝返りもして横寝の時間もあるが理想です。


makura-takasugi003.jpg  まくら適正-005.jpg

イラスト左は高すぎてダメな例  イラスト右は仰向け寝の高さは理想



【枕が原因で起こる症状】
寝てる時、朝起きた時に様々な痛みの症状などがある場合は、合わない枕が原因となっている可能性が高いです。どのようなものかというと…

首すじの痛みー主に高すぎる枕が原因に
合わない枕は首周辺の血行を阻害する

肩こりー高い枕、不安定な枕が原因に
朝から肩がこる人は要チェック

ibiki10-003.jpg頭痛ー不安定な枕、低い枕が原因に
熟睡できないことが大きな引き金に

腰痛ー高い枕、低い枕が原因に
首にやさしい枕は腰にもやさしい

いびきー高すぎる枕が原因に
慢性的ないびきは要注意

ストレートネックー高すぎる枕や横向き寝の時間が原因
低すぎる枕には注意


※各症状について、もっと詳しく案内しております。こちらをクリック!

 


【枕選びで失敗しやすい3つのこと】

ピローアドバイザーとして2000人以上の方の問診・枕合わせをしてきました。
今の枕が合わない、何度も買い替えた、枕が原因と思われる痛みのお話等々。
過去に枕選びで失敗している方達のお話から下記の3つをアドバイスします。

@自分の好みと痛みの軽減は別であるという事
もちろん自分の好みに沿うものに越したことはありません。しかし高いのが好き、
やわらかいのが好きと好みだけでは痛みの軽減にはつながらないケースが多々あります。

すでに枕が合わない、枕が原因と思われる痛みを抱えている方は、好みだけで選ぶのではなく、痛みを軽減するための枕選び・専門家にアドバイスを受ける等を重視してください。

 

A仰向け・横向き寝 両方の寝姿勢でバランスの取れる枕選びを
寝ている時は両方の寝方の時間があってほしいのです。自分は横向き寝が多いから横寝しか合わない枕(仰向けが合わない・そもそも仰向け寝になれない枕)では眠りの質が低下・痛みの症状等につながります。

B高さ調整のできる枕を
枕には自分でも調整できるタイプの枕とそうでないタイプの枕があります。
調整できない枕は主に自分の頭の重さで枕がギューと沈みだいたい合いますよという形です。だいたい合ってると思う方はよいのですが、合わない方も多いのです。

その場合、調整ができない枕はずっと合わない枕となってしまいます。またベッドや布団の硬さ・枕カバーの厚み等によっても高さは変わりますので微調整ができる枕がベストです。



【自分にあった枕を見つけるならプロに相談がおすすめ】
これまで説明したように自分に合った枕を自身で選ぶというのは実はかなり難しいものなのです。特に痛みの原因になっている枕とのバランス(寝姿勢)は自分では見る事ができず、他人の目でみなければ細かくわからないのです。


_65A5687-001.JPG当店(ふとんのヨネタ)での枕あわせは完全予約制で、お店にご来店いただきおひとり様約50分前後の時間をかけて行います。その際には枕測定だけではなく問診で痛みや眠りの状況をお聞きして、様々なアドバイスもさせていただいております。

またピロアドバイザーとしての経験を活かし、2019年11月よりネット(メール)での枕相談も全国対応で行っております。ご自分の枕は合っていないのか? 痛みの原因は枕が悪いのか?など相談いただけます。料金は現在のところ 無料 です。

どうぞお気軽にご相談ください。 
枕相談の詳細ページは こちら をクリック!



【当店のオリジナル快眠枕のご紹介】
当店では来客用を除き、枕はオリジナル快眠枕の1種類のみを販売しております。


全国で当店のみが取り扱う枕で寝心地の良さにも自信がありますので、他の種類や素材の枕は用意しておりません。

T3A9780-005.JPG
サイズ 実寸約55×34cm     
T3A9783-005.JPG
中素材:ポリエチレンパイプ・やわらかめ


この枕は仰向け寝はまるで球の中に頭がスポッと収まっているような楽な寝心地。そして横向き寝はとても安定した寝心地となり、初めて転がった方(頭をのせた方)でも「気持ちいい〜」「何か楽〜」と言ってもらえる枕です。

私は今まで多くの枕を見たり試したりしてきましたが、枕の構造も寝心地もこの枕が一番と考えています。それ以上にお客様の反応がこの枕への自信につながっております。
※計測上100人中、90人の方に購入していただいた実績があります。
その詳細はこちらをクリックしてご覧ください。


特長として、まず安定性があり変な寝姿勢にさせません。寝返りをしても両サイドに高さがありつぶれにくく、肩への負担(圧迫)も少なくなります。また睡眠時に重要な寝返りも、とてもスムーズに出来ます。

更に仰向けで寝たときに頭がフワーとつつまれた落ち着いた寝心地に。頭の中央(後頭部)がうまる枕の中心が、比較的首の短い女性やご年配の方にも向いています。

素材はやわらかめのパイプで、横向き寝の時の横顔への当たりも痛くありません。4箇所の調整口からパイプの出し入れができて、ご自分でも高さ調整ができますし、簡易な洗い方でればご家庭で洗う事も可能です。男性・女性・年代にかかわらず使用できる枕です。


この枕は2通りの購入方法があります。

@札幌市内及び近郊の方は予約をしてご来店(枕測定・試し寝・レンタルも可)
詳細はこちらをクリック!

Aご来店のできない方、北海道外の方(全国対応)には、通信販売にて
問診やレンタルシステムもあります。
詳細はこちらをクリック!



【購入前にレンタル枕で失敗しない枕選びをしましょう】
当店では レンタル枕 と言う仕組みがあります。

ご来店で枕合わせをした方には合わせた枕を1週間ほど自宅で試せます。料金は無料です。

詳細はご来店用枕ページにてご案内しております。詳細はこちら
T3A9773-005.JPG

全国対応もしており、ご来店できない方は通販の仕組みを使い 送料分の有料ではありますが、問診と想定調整をしたうえで 当店オリジナル快眠枕を試せます。

全国各地どこであってもお店に来店するための時間や電車賃・ガソリン・駐車場代等がかかります。お店で直接合わす訳ではありませんが、プロの問診による想定調整をした枕を自宅で試せるのは他ではなかなかありません。

この 全国対応のレンタルまくら の詳細はこちらから



枕の選び方に関する情報は以上となります。
皆さまがこの情報を参考に、良い枕に巡り合えてより快眠できます事を願っております。