英国羊毛22敷き布団

上記ページでは薄手なタイプの羊毛敷き布団を紹介してきました。

スプリングの入ったベッドマットレスの上や土台のしっかりした布団の上に敷くのであれば良いのですが、どうしても2枚敷きでなければいけなく又2枚敷きでもやや硬めな寝心地となる、ベッドパットに近い感覚の布団でした。

では厚めの羊毛布団は作れないの? とそんな疑問をよく問い合わせされます。
布団の中に入れる羊毛わたの量を増やすと自然と布団の厚みは付くのですが、ヘタリやつぶれの出やすい羊毛わたで厚くつくるとそれだけ沈み込みが大きくなってしまうのです。又、よくある固綿シート入りの敷き布団も一緒でヘコミが出やすくシートのまわりにはほんのわずかな羊毛わたしか入っていないので保温性も下がり通気性も悪い状況となるのです。

私は以前より木綿布団よりも使い勝手(重さを軽減して上げ下ろしを楽・布団干しが少なくてすむ)が良く、又暖かさも備えた羊毛布団でもっと良いものはないかと考えていました。

そしてようやく厚み感があり、ヘタリの少ない納得の羊毛布団を見つけ、更に以前より素材や製法を改良して作った布団

それがこの英国羊毛22敷き布団です。
A4821-1.JPG A4851.JPG

16層構造図yoneta.jpgこの布団がなぜヘタリにくいかというと、羊毛わたをシート状に特殊加工してあり繊維が絡まりにくくしてある事。更にそのシートが重さの負担のかかる所を厚めに最大22層にもなっているので沈みも少なく身体をしっかりと支えるのです。


このシートとシートの間に温まった空気を蓄えると共に、余分な湿気を発散し爽やかな暖かさでお休みいただけます。

また厚みの割りに軽いのも特長で詰め物重量はシングルで4.5
sと木綿布団よりもずっと軽く湿気も溜まりにくい素材なので、布団の上げ下ろしが楽に、布団干しも少なく済みます。

(※布団干しが不要・カビないわけではありません)

 

A4840.JPGサイド部分がファスナーになっており、ご自分の目で品質をみれる形になっています。

これは「品質への自信」の証です。

また仕立ては従来あるキルティング(ミシンで縫いこんだ形)ではなく点でとめる和とじを採用しています。これにより寝転んだ際も気になることがなくフラットな寝心地が得られます。

又、使っているとシートが伸びたりの関係上、シートの端の方に若干ずれがでてきます。使用には問題ありません。

英国羊毛22画像3.jpg
羊毛わたの素材は英国羊毛公社により品質管理され、厳しい検査に合格した「清潔・安全・安心」な高級な英国羊毛わたを100%使用しております。ステッキーマークの羊毛は高級「英国羊毛」使用の証でもあります。 又2015年4月よりウォッシャブルウールとなり洗うと旧タイプよりもふんわり感が戻りやすいものになりました。

シーツや汗取りパットの厚みにもよりますが2〜3年に一度丸洗いクリーニングをすると気持ちよく使えます。布団の全体的なつぶれは重さだけでなく汚れも原因になっています。側生地の傷みも同様です。丸洗いクリーニングをする事で衛生的なだけでなく布団が長持ち快適になるのです。

A4849.JPGこの英国羊毛22敷き布団は厚さはおおよそ6cmほどあります。もちろんこの上に身体が乗ると圧縮はされるのですが、通常の羊毛布団よりはずっと沈みが少なくしっかりと身体を支えます。また側生地は2019年10月より二重ガーゼを使用してより通気性がアップしております。(サイドはメッシュ状)

2019年10月から使用の商品画像は下記となります。

IMG_1777-001.jpg
この商品はリフォームもできます。
通常の布団店ではできませんので必ず購入店の当店へご依頼ください。英国羊毛22旧タイプもリフォーム可能です。
料金は新品よりも約4割程お安くできますが送料の関係等もありますので詳細は当店へご相談ください。


さて、木綿布団に変わる厚みを備えた この英国羊毛22敷き布団 ですが、どのような寝室環境や組合せで使うのが良いのでしょうか?

人によって硬さの感じ方は違いますが私自身が使ってみた感覚で言いますと・・・

<布団を敷く場所が畳やカーペットの場合>
A4820-001.JPG A4822.JPG
かなり硬めでもよければ英国羊毛22敷き布団1枚でも使えなくはないですが、適度と感じる方は少ないかと思います。  普通〜やわらかめの感覚であればエアミールなどの薄めのマットと組み合わせが最適です。


<すのこベッドやフローリングの場合>
A4803.JPG 多層式4800
1枚敷きだと底付き感を感じてしまうと思いますので1枚敷きはおすすめしません。

A4801.JPG 多層式4806
エアミールマットや6つ折りマットと組み合わせるとフローリングでも硬すぎる事はありません。

C4825.JPG 多層式4837
※木綿布団と比べると2枚敷き用の硬さ加減(弾力性・支持性)で考えるのが良いと思います。

<英国羊毛22敷布団の価格>
シングルサイズ    
100×200cm 4.5s入
  57,200円(税込)


シングルロングサイズ 
100×210cm 4.7s入
  60,500円(税込)


セミダブルサイズ    
120×200cm 5.4s入
  68,200円(税込)


セミダブルロングサイズ 
120×210cm 5.7s入
  75,020円(税込)


ダブルサイズ       
140×200cm 6.3s入
  82,500円(税込)

ダブルロングサイズ    
140×210cm 6.6s入
  90,750円(税込)


クイーンサイズ     
160×200cm 7.2s入
  96,800円(税込)

クイーンロングサイズ   
160×210cm 7.7s入
 106,480円(税込)


キングサイズ      
180×200p  8.1s入
 110,000円(税込)

キングロングサイズ    
180×210p  8.5s入
 121,000円(税込)



※側生地:国産二重ガーゼ 綿100% 色:生成り

※送料は全国(沖縄・離島と除く)無料です。


基本的にご注文後の製造となりますので2〜3週間程度のお時間がかかります。シングルサイズは一部在庫有。

 

・木綿布団だと重くて上げ下ろしができなかった方
・羊毛布団に硬さを感じていた方
・少しやわらかくウールの暖かさを感じたい方は

是非この英国羊毛22敷き布団をお使いになってみてください。
きっとご満足いただけると思います。


注文の流れを確認・お支払方法・送料についてはここをクリック!

「ご注文・お問い合わせ」に進まれる方はこちらをクリック 


<お客様よりいただいた悦びの声です>

お客声163.jpg  

この英国羊毛22敷き布団はほんと適度な硬さ加減ですよね。 従来の羊毛布団に比べて使える幅が広がったのがうれしい限りです。


只今、北海道ありがとうキャンペーンを実施しています!

ありがとうキャンペーンこの度は、遠ーい北海道の当店のホームページをご覧いただきありがとうございます。当店にてお買い物を頂いた際にはご縁に感謝しまして、ささやかながら地元北海道の限定品やイメージ品をプレゼントさせて頂きます。
詳しくは
 こちら をクリックしてください。



寝室環境による「羊毛敷き布団の使い心地」「マットレス等との組み合わせ」の一覧はこちらをクリック!
A4822.JPGA4824.JPG
羊毛布団についてご不明な点などのありましたら、左メニューの「注文・お問合わせはこちら」をクリック又は info@yoneta.jp からどうぞお気軽にお問い合わせください。


<店長おすすめ情報>
この英国羊毛22敷き布団の上に「パシーマキルトケット」というシーツや「パシーマパットシーツ」という敷きパッドを敷くと更に良い寝心地(保温性や通気性・肌触りの気持ち良さ)を体感できますよ。是非お使い頂きたい逸品です!
パシーマの詳しくはこちらをクリックしてください。
A4832.JPGA4834.JPG
パシーマキルトケットは布団の間に差し込んでシーツとして使います。見た目もきれいで布団に入るのが嬉しくなるほどの気持ちよさです。

A4828.JPGA4829.JPG 
パシーマパットシーツはポンとおくだけの敷きパッド。横から見るとなんだか見栄えは悪いですが肌触りは最高です。パシーマキルトケットに比べ洗濯干しなど扱いやすいです。